白熱ハイスクール

早稲田大学

基幹・創造・先進理工学部

英語必勝法!

私立大学の最難関である早稲田大学。

毎年多くの受験生が受験し、合格難易度はとても高いと言えます。

受験勉強をしていると、悩みはつきもの。

どのテキストを使って、どのように勉強をしていけばよいかなど、受験生1人1人でその悩みは異なるでしょう。

必勝法はありません。

試行錯誤を繰り返し、自分に合ったやり方を見つけていくことこそが合格への近道です。

そこで今回は、早稲田大学 基幹・創造・先進理工学部 英語必勝法!と題し、自分に合ったやり方を見つけるための、さらには合格へのヒントを皆さんにご提供します。

目次

・早稲田大学基幹・創造・先進理工学部の英語の特徴(全体像)

・早稲田大学基幹・創造・先進理工学部の英語の特徴(詳細)

・勉強するうえで意識すべきこと

・まとめ

早稲田大学基幹・創造・先進理工学部の英語の特徴(全体像)

合格するためには、まずはゴールを知ることが大切です。
大学受験においては、各大学・学部で入試問題が全く異なります。
求められる能力も異なりますから、勉強を始める時点でどれだけ解けるかはさておき、ゴールを知るために過去問をしっかりと分析する必要があります。
早稲田大学基幹・創造・先進理工学部の英語の特徴は以下の通りです。
 
時間:90分
大問数:5問
解答形式:マークシート

 
早稲田大学基幹・創造・先進理工学部の入試問題は、大学受験英語の中でも最難関と位置付けられる内容です。
語彙力はかなりのレベルが要求され、大問5題に対して制限時間も90分と短く、高度な情報処理能力が要求されます。
また、長文読解と文法問題がバランスよく出題されるため、長文の内容がわかればよいといったような勉強法を取ると、安定したパフォーマンスを発揮することができず、合格の可能性は低くなってしまうでしょう。
基礎からの積み上げを意識し、早い時期から語彙力や文法力を高めることが求められます。

早稲田大学基幹・創造・先進理工学部の英語の特徴(詳細)

先に全体像を確認しましたが、ここではさらに大問ごとの特徴について整理していきます。
全大問5つの特徴は以下のようになっています。

  1. 長文読解

  2. 整序作文

  3. 空所補充・文整序・段落整序

  4. 長文読解

  5. 語彙

 
先述の通り、長文読解のみならず、整序作文や語彙など、幅広い出題形式となっています。

  1. 長文読解では、3つの文章が課され、それぞれについて正確な内容理解ができているかを聞く問題が出題されます。長文の難易度は標準的といえますが、時間的制約がある中でいかに速くかつ正確に読み解けるかが正答のカギとなります。

  2. 整序作文では、単なる1文の整序問題ではなく、文章の中での語句整序が求められます。熟語やイディオムといったまとまった表現をどれだけ知っているか、それに城すぐに反応できるかがカギとなります。

  3. 空所補充・文整序・段落整序では、いわゆる文法・語法の知識が要求されます。単に内容理解を問うのではなく、文章の中で各文法・語法がどのように用いられているかを考えて回答することが求められます。

  4. 長文読解では、純粋な長文読解力に加えて、2020年であれば追加の論証についての推論や、数式の理解などプラスαの知識や考えが要求されます。この大問は特に過去問演習を通して、その出題形式や考え方に慣れていく必要があります。

  5. 語彙では、多義語に関する知識が要求されます。1つの単語について1つの意味という形でのみ暗記をしていると対応することが難しいです。

 

勉強するうえで意識すべきこと

以上、早稲田大学基幹・創造・先進理工学部の英語の特徴を見てきました。
難易度が高いため、難しいことを勉強しなければならないと感じるかもしれませんが、基礎から固めなければ応用へとつなげることはできません。
具体的には、以下の2点を意識して勉強をしていきましょう。
 
1つ目は、語彙力と文法語法力を確実なものにすることです。
基礎をしっかりと固めなければ、その後の学習につながりません。
先述の通り、早稲田大学基幹・創造・先進理工学部の英語では幅広い出題形式のもと、英語の総合力が要求されますので、さまざまな出題形式に対応するための基礎力を早期に身につけることが合格のカギとなります。
まずは単語量、熟語帳、文法語法問題集をそれぞれ1冊ずつ仕上げることを目標に進めましょう。
 
2つ目は、MARCHレベルの過去問で9割安定的にとれるようにすることです。
受験生の中には、早稲田大学に絶対に合格したいので、他の大学は受験しない、過去問はやらないという人がいます。
最終的に受験をするか否かは自由ですが、大学には偏差値やレベルがあります。
早稲田大学の少し下に位置されるいわゆるMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)の過去問でしっかりと点数を取る力がなければ、早稲田大学への合格はとても難しいです。
基礎を固め、MARCHの過去問を題材に、早稲田大学の英語にチャレンジする力を養いましょう。

まとめ

早稲田大学合格は、今後の人生への自信となるだけでなく、その後の人生の可能性を大きく広げてくれる出来事となるでしょう。
合格は簡単ではありませんが、必死に取り組む価値のあるものであることは間違いありません。
具体的な勉強方法は人それぞれですが、基礎を固め、応用的な勉強へとつなげていくプロセスは必須です。
実際に過去問を手に取り、問題を把握したうえで、具体的な勉強をスタートさせましょう。

​早稲田大学 ほかの学部の対策はこちら>>