白熱ハイスクール

早稲田大学
商学部
英語対策方法

早稲田大学 商学部 英語必勝法!

推薦入試・一般入試を問わず、多くの受験生が受験し、私立大学最難関に君臨し続けています。
勉強法や、合格への道のりは千差万別。

情報収集をし、実際に勉強をすることと通じて、自分に合った勉強法を見つけていくことが求められます。
そこで今回は、早稲田大学 商学部 英語必勝法!と題し、自分に合った勉強法を見つけるためのヒントをご提供します。

 

目次
・早稲田大学商学部の英語の特徴(全体像)
・早稲田大学商学部の英語の特徴(詳細)
・合格のために意識すべきこと
・まとめ

早稲田大学商学部の英語の特徴(全体像)

最終合格のためには、まずは敵を知ることが大切です。
大学受験においては、各大学・学部で入試問題が全く異なります。
合格までのスケジュールのさることながら、入試問題において求められる能力も異なりますから、ゴールを知るために過去問をしっかりと分析する必要があります。
早稲田大学商学部の英語の特徴は以下の通りです。
 
時間:90分
大問数:5問
解答形式:客観式
 
早稲田大学商学部の入試問題は、大学受験英語の中でも最難関と位置付けられる内容です。
語彙力はかなりのレベルが要求され、大問5題に対して制限時間は90分で、総合的な英語力が求められます。
長文読解がメインとなりますが、長文を題材に文法語法の知識や語彙の知識が広く問われるため、単に速読や多読を繰り返すのみでは、安定した得点を取ることは難しいです。
基礎からの積み上げを意識し、早い時期から語彙力や文法語法力を高めることが求められます。
 

早稲田大学商学部の英語の特徴(詳細)

先に全体像を確認しましたが、ここではさらに大問ごとの特徴について整理していきます。
全大問5つの特徴は以下のようになっています。
1 会話文
2 長文
3 長文
4 長文
5 長文
 
先述の通り、長文読解が主ですが、長文を題材として総合的な英語力を問う出題です。
1 会話文では、標準内容レベル会話文を読み、空所補充、下線部の意味を問う問題、語句整序問題に答える形式です。口語表現やいわゆる決まり文句の知識も広く求められます。
2 長文では、真偽選択、空所補充、類語選択、語句整序、下線部の意味を問う問題、標題を選ぶ問題が出題されました。設問を正確に解く上では、精読力が求められます。熟語やイディオムといったまとまった表現をどれだけ知っているか、それにすぐに反応できるかがカギとなります。
3 長文では、2とほぼ同様に、真偽選択、類語選択、空所補充、語句整序が出題されました。正確な文脈の理解が不可欠であす。また、単に内容理解を問うのではなく、文章の中で各文法・語法がどのように用いられているかを考えて回答することが求められます。
4 長文では、一般的な小問が出題されます。もっとも、本文中の小見出しを選ぶ問題については独自の対策が必要です。出題形式や考え方に慣れていく必要があります。
5 長文では、本文と合致する選択肢を選ぶ問題、空所補充、下線部の意味を問う問題が出題されます。全体的には一般的な小問が並びます。
 

合格のために意識すべきこと

以上、早稲田大学商学部の英語の特徴を見てきました。
難易度が高いため、難しいことを勉強しなければならないと感じるかもしれませんが、基礎から固めなければ応用へとつなげることはできません。
具体的には、以下の2点を意識して勉強をしていきましょう。
 
1つ目は、高度な語彙力を身につけることです。
設問自体は長文読解ですが、小問として問われることは、高度な語彙力に基づく総合的な英語力です。
基本的な単語や熟語、イディオムの習得はもちろんのこと、成句表現や口語表現、会話文特有の表現など、多様な表現をマスターする必要があります。
もっとも、語彙力が確実なものであれば、大きく失点をしたり、過去問演習での点数が大きく上下することはないでしょう。
語彙力を基礎にし、総合力を高めていくことが求められます。
さまざまな出題形式に対応するための基礎力を早期に身につけることが合格のカギとなりますね。
早い時期から毎日コツコツと語彙力をつけていきましょう。
 
2つ目は、速読力を強化することです。
語彙力を基礎とした総合力が問われるとはいえ、大問の形式はすべて長文です。
大問合計2500語以上の長文量を読みこなすことが求められますので、精読力をつけたうえで、多くの長文に取り組む必要があります。
大切なことは、論理の流れを理解し、設問を解くために読み進めることです。
設問を見て、その場で解ける問題から処理するなど、過去問演習を通してテクニックを身につけることが求められます。
早稲田大学の少し下に位置されるいわゆるMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)の過去問もうまく活用し、より多くの長文を素早く読む訓練を積んでいきましょう。
 

まとめ

早稲田大学合格は、今後の人生への自信となるだけでなく、その後の人生の可能性を大きく広げてくれる出来事となるでしょう。
合格は簡単ではありませんが、長い時間をかけて、必死に取り組む価値のあるものであることは間違いありません。
勉強方法は人それぞれですが、基礎を固め、応用的な勉強へとつなげていくプロセスは必須です。
実際に過去問を手に取り、問題傾向を把握したうえで、具体的な勉強をスタートさせましょう。