• ysasago

リフレッシュ方法10選

更新日:2020年10月2日

校長おすすめのリフレッシュ方法です!


1:歌う 歌うことで自分自身がゾーンに入ってストレス解消になりますね。1人でも歌うよりも、聴いてくれる人がいた方が自己満にひたれて気持ちいのでベターです。


2:シャワーを浴びる

シャワーを浴びることで血行が良くなり、頭もスッキリします!


3:ペットと遊ぶ

犬を飼っているあなたはラッキーです!金魚でもOK。金魚が口をパクパクさせているのを見て楽しみましょう。


4:映画をみる

特にディズニー系の映画の世界観に入るこむと、現実世界を忘れますね。女子は映画のお姫様、男子はお姫様を助けるヒーローに自分を自己投影して、非日常感を味わいましょう。


5:食べる

脂っこいもの、甘いものは体に悪いとわかっていても、最高です。ニンニクをたくさんのせたラーメンもいいね。わかっちゃいるけどやめられない罪悪感=よろこびです。僕はコアラのマーチときのこの山を食べると極限のリラックス状態に自分を置けます。


6:泣く

大泣きするとすっきりします。どうやったら泣けるのか?これにはトレーニングがいります。まず自分が悲劇の主人公であると、自分自身を洗脳する超能力が必要です。たまにこういう能力を持っている人がいますが笑 ちなみに僕はこの能力持っていません。


7:走る・泳ぐ

少し呼吸が苦しくなるくらいのペースで長い時間を走る、または泳ぐとものすごく頭がすっきりして終わった後リラックス感が出ます。いわゆる、ランナーズハイ・スイマーズハイの状況に自分を持っていくことが重要です。


8:料理する

料理をすると、色、触感、匂いなど五感をフルに使うため、勉強と違う脳みその回路が使われ、リラックスに効果的です。料理は正しいプロセスで要領よくやらないと悲劇が起こるので、頭の思考回路をすっきりさせるのにも良いです。


9:風呂から出た後にいい匂いのするキャンドルを灯す

心地よい空間を作り出し、自分がイケていると適度に勘違いすることで良いリラックス感を感じることができます。真夏の暑い部屋でキャンドルを使うと逆効果なので注意。


10:親に感謝を伝える

普段やらないことをすることで(笑)、いつもの生活に変化が出て、リフレッシュできます。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示