【私立志望向け】

文系で数学受験するべきじゃないのはどんな人…?

white_solo _fukidashi.png

数学なんて、文系に関係ねぇ!

heat_solo_fukidashi.png

​ホワイトくん、本当にそう思うの……? ファイナルアンサー?

white_solo _fukidashi.png

え? ほわい?

皆さんは「私立大学の受験科目」と聞いて、どんな科目を思い浮かべるでしょうか。

たいてい文系なら英国社、理系なら英数理の3科目ですよね。
しかし、文系でも数学を選択して受験に臨むことは可能です。

今回は私立大学の数学受験のメリット・デメリットを確認し、皆さんが有利に大学受験を勝ち抜けるように解説していきます。
 

数学受験のメリット

数学受験のメリットは大きく3つあります。
・国公立との併願がしやすい
・点数で差がつきにくい
・入学後の勉強で有利
それぞれ解説していきます。

①国公立との併願がしやすい
まず、私立受験で数学を使うことで、国公立大学との併願がしやすいことが挙げられます。

国公立を第一志望にしている学生や、私立受験を国公立大学の滑り止めと考えている方も多いはず。
数学を勉強していれば国公立・私立双方の受験勉強を効率的に行うことができますし、併願もしやすくなります。

数学が苦手ではなく国公立大学も同時に受験したい学生は、数学受験も視野に入れることをおすすめします。

 

 

②点数で差がつきにくい
次に、受験者の間で点数の差がつきにくいことです。

早稲田や慶応など一部の大学を除いて、文系数学の問題は難易度が下げられています。
各大学の過去問を実際に解いてみるとわかりますが、文系数学は比較的易しめの問題がほとんどです。しっかりと対策をし、完答はできなくても部分点を確実に貰えれば、数学で致命的な差がつくことはないはずです。

そもそも数学受験を選択している学生で、数学が苦手な人はほとんどいないでしょうから、差がつきにくいの点がメリットの1つです。
(反面デメリットとして捉える方もいると思います。)


③入学後の勉強で有利
また、実際に入学後の学習において、数学受験は非常に有利になることがあります。

文系の学部の中でも、商学部や経済学部などの一定の学部は、大学での授業で数学を取り扱うことが多いです。
大学受験で使わないからといって数学を勉強していない学生に比べれば、圧倒的に授業理解が早くなるでしょう。

実際に中央大学商学部経営学科に通うある男子学生は、数学受験したことによって「単位を楽に取れた」と感じたそうです。
受験科目としてだけでなく、数学を大学入学後の専門分野の学習でも使えるケースもあるので、商学部や経済学部、経営学部を目指す受験生にとっては大きなメリットになりそうです。

数学受験のデメリット

数学受験のデメリットは以下の2つです。
・そもそも受験可能な学部が少ない
・対策にかける時間配分が難しくなる
こちらも1つずつ解説します。

①受験可能な学部が少ない
そもそも文系で数学受験できる学部は少ないです。

興味のある学部が変わった、共通テストで思うとおりの成績を残せなかったなど、大学受験で志望校が変わることはよくあります。当の筆者も、最初に志望校を決めた後、高校3年の春に第一志望校を変更しています。

そんな時に、変更した学部で必ずしも数学受験できる訳ではありません。つまり、数学受験すると計画し勉強したけど、受けたい変更先の志望学部で数学受験出来なかったときに、数学に割いてきた時間が水の泡になりかねません。

数学受験は「何となく数学が苦手じゃないから、受けてみよう~」と適当にするのでなく、慎重に検討した上で選ぶことが大切です。

②対策にかける時間配分が難しい
数学受験しようがしまいが、共通で受けるのは国語と英語が多いと思います。
違いが出てくるのは「社会 or 数学か」です。

社会の場合暗記科目ですので、暗記できるくらいの時間があれば足ります。
が、数学は勉強時間=高得点ではないため、対策に必要な時間は社会と比べて多くなるでしょう。

最重要科目であろう英語との兼ね合いなど、対策段階で各科目に割く時間配分が難しいのがデメリットとなりそうです。

文系のこんな人は数学受験おすすめできません…

ここまで文系が数学受験するにあたってのメリット・デメリットを紹介してきました。

これらを踏まえて、以下にあてはまる受験生には数学受験をおすすめしません。
・何となく数学は苦手じゃないから、数学受験しようと思っている
志望学部が変わる可能性も考えて、慎重に検討した方がいいです。
・文学部や法学部などの学部を志望している
数学が受験科目として認められていない大学がほとんどです。
・学部にこだわらず乱れ打ちで有名私立に入りたい
早稲田や慶応などの難関私立に、学部はこだわらないからとにかく入りたい人には向いていません。学部によって数学受験できるかできないか分かれてしまうからです。

文系の数学受験は慎重に決めよう

本記事では文系の受験生に向けて、数学受験のメリット・デメリットなどをお伝えしました。

紹介したようなメリット・デメリットを十分考慮した上で、自分に合った受験方法で臨むのがいいです。
とりわけ文系でも数学が得意な人は、ガンガン演習して実力をつけていきましょう!