【スタディサプリ大学受験講座】で大学受験を勝ち抜けるか?徹底解説

white_solo _fukidashi.png

スタディサプリを使っている同級生が結構多いみたい

heat_solo_fukidashi.png

私も実は……

white_solo _fukidashi.png

えっ!!?

「スタディサプリ」は、高校生なら一度は使ってみようか考える映像授業サービスです。利用者数が右肩上がりに伸びているだけあって、インターネットではかなりの数のクチコミを見ることができます。
ところがクチコミは賛否両論。結局よくわからず、決めきれないないまま画面を閉じるなんてことが多いのではないでしょうか。

今回はそんなスタディサプリについて、「大学受験に本当に使えるのか」という点に絞って解説します!スタディサプリをオススメする人や+αの活用法もお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
 

「スタディサプリ」とは?サクッと解説

「スタディサプリ(以下、スタサプ)」がどんなサービスなのか、はじめに確認しておきましょう。

スタサプの大学受験講座は、「神授業」とも呼ばれる一流プロ講師の授業が見放題の映像授業サービス。用意されている授業の数は、5教科18科目に対応した全40,000本!さらに大学学別対策授業まで見ることができます。
専用テキストもあり、印刷して使うか、あるいは購入も可能。講師監修の個人別学習プランも作成できます。大学受験対策として利用する場合は独学できるように設計されていますが、一人では不安という人のために現役難関大コーチのサポートが受けられるオプションプランもあります。

まさに高校生の痒いところに手が届くサービスです。

さらに費用が予備校や塾に比べて安価なのも助かりますね。ベーシックコースなら1か月1,815円(税込)で利用できます。参考書1冊分で4万本の授業が見放題なのが、スタサプ大学受験講座です。

スタディサプリは大学受験に「使える」のか

いきなり結論、十分使えます。
「使える」と言い切れる理由は2つ、「大学受験に必要な学習範囲を網羅した質の高い授業」が「映像で効率的に学習できる」からです。

受験勉強では、全範囲を基礎からしっかり積み上げることが何より大切です。独学では学習に偏りが出てしまったり、理解不十分なまま放置してしまう危険が無いとは言いきれません。
その点、スタサプは全教科さまざまな目的・レベル別に授業が用意されているので、自分の得意不得意や勉強目的に合わせて活用できる点が強味です。

また映像授業である点もポイント。実は映像授業はとても効率の良い学習方法なんですよ!
「いつでも・どこでも・何度でも」見られる上に、一時停止したり繰り返したりと、自分の理解に合わせて授業を進められるのですから。これはライブ授業ではできない、映像ならではのメリットです。

スタサプの授業だけで大学に合格したというクチコミも数多く見かけますが、「質の高い授業」と「効率的な映像学習」の組み合わせなら不可能ではないと考えます。
 

スタディサプリ大学受験講座はこんな人にオススメ!

スタサプを使った学習を特にオススメできる、次のような人です。

1.まだ基礎基本が固まっていないと感じる人
高校の授業進度は速く、少しでもわからないとすぐに置いて行かれてしまいますよね。さらにテスト対策に追われ、あるいは部活が忙しく、目先の勉強しかしてこなかったという人も。

受験勉強では基礎基本が大事と、誰もが口をそろえて言います。それほど基礎基本は重要なのですが、過ぎてしまった分野の授業を学校でもう一度受けることはできません。そんなときにスタサプを活用しましょう。

現状や目標に合わせて、教科・分野を選び、計画的に取り組むことで基礎力をスピーディに完成させることができます。


2.何から始めればいいかわからない人
勉強しないといけない範囲があまりに広くて、何から手をつけたらいいかわからないという人にもスタサプはオススメです。スタサプの授業も4万本という膨大な数がありますが、自分の志望校に応じてプロが監修した最適な学習プランを提示してくれるからです。

受験勉強は計画が大切ですが、計画を立てているだけでは成績は上がりません。計画はプロに任せ、勉強に集中して取り組める環境を手に入れましょう。


3.自分のペースで勉強したい人
必要なところだけ教えてほしい、サポートしてほしい。でも勉強全体はあくまで自分の納得感とペースを大事にしたいという人にもオススメします。

予備校や塾だと、理解できているところも授業を受けないといけなかったり、利用時間に制約ができたりしますよね。
その点、スタサプなら必要なところだけを選んで授業を見ることができるので、時間に無駄が生じません。
さらに映像授業なので、いつ・どこで利用するのも自由。演習中分からなくなったときに、公式の成り立ちをピンポイントで確認するといった柔軟な使い方もできます。

 

スタディサプリ大学受験講座+αの「効率アップテク」!

大学受験対策では無敵に見えるスタサプですが、それでも自力で頑張らないといけないところもあります。


1.演習量の確保
スタサプはとても良質な映像授業サービスですが、あくまで位置づけは「理解のための授業」です。大学受験を突破するには十分な「演習」が必要ですが、スタサプだけでは演習量が不足します。

そのため自分で問題集を用意し、スタサプ以外に取り組んでいきましょう。「理解」の部分を映像で効率よく進められるので、演習の時間も十分確保できるという受験生が多いようですよ。


2.質問できる場所の確保
2つ目は、質問できる場所を確保しておきたいという話です。スタサプはとても分かりやすい授業なのですが、質問はできません(※合格特訓コースは月の回数上限ありで質問可能)。

スタサプの授業を繰り返し視聴して理解を深めるか、学校の先生など質問できるところを確保しておくと安心です。


3.強制力の確保
自分一人ではさぼってしまう、勉強を続けるには強制力が欲しいという人には、残念ながらスタサプは向いていません。スタサプはあくまで自力で学習を進める前提で設計されているからです。

一人でスタサプを継続できる自信がないという人は、予備校や塾に入るのがベター。スタサプをメインに頑張るのであれば、一緒に頑張れる仲間を見つけるなど、勉強に対する強制力を確保することをオススメします。
 

まとめ

スタサプは大学受験の実に強い味方です。もちろん受験勉強だけではなく、日々の予習復習や定期テスト対策にも活用できます。
また学校や塾の授業を軸に、理解できなかった箇所を補ったり、あるいは先取り学習として使うこともできますね。

スタサプの分かりやすい授業と効率の良い学習方法を上手に活用し、大学合格を目指していきましょう!