大学受験英語におすすめの塾は? 塾タイプ別に選び方のポイントを解説

white_solo _fukidashi.png

ほわい? ってよくいうけど、実は英語が苦手でねえ。

heat_solo_fukidashi.png

ほわい?

white_solo _fukidashi.png

(えっ)ほわい?

文系・理系問わず大学受験で重要な「英語」ですが、近年は難化傾向にあります。共通テストになり、読解量が急激に増えたのが一例です。大学入試英語は高校の勉強だけ、あるいは独学では対策が難しい科目になってきました。

今回は「英語力を伸ばしてくれる塾」を探している高校生のために、塾のタイプ別に選び方のポイントをまとめました。迷いやすい4つの視点に絞っていますので、ぜひ記事を参考にピッタリの塾を見つけてくださいね。

英語塾の選び方① 受験予備校か、英語特化塾か?

大学受験英語の塾探しで迷うのは、「大学受験予備校」か「英語特化塾か」という点ですよね。それぞれに特長を見てみましょう。


予備校のメリットは「総合的に」大学受験対策をしてくれる、という点にあります。

大学受験は「受験科目の総得点」で合否が決まりますよね。予備校は英語を含むすべての科目を総合的に底上げしてくれますから、たとえば「英語はちょっと苦手」でも、英語以外を伸ばすことで英語の不足分をカバーする、という戦い方を指南してくれるのが予備校です。


一方、英語特化塾は英語を徹底的に伸ばしたい!という高校生に向いています。

英語は受験勉強を始めてから結果が出るまでに、他教科より時間がかかる科目です。また4技能と言われる「聞く・話す・読む・書く」力を全方位的に伸ばす必要があるため、ただ問題を解けば伸びるという科目でもありません。英語特化塾は伸ばしたい力に応じたさまざまな指導法を持っています。英語の本当の力を身につけるには、英語塾が良いでしょう。


● 選び方のポイント ●
・受験の総合力を上げたいなら→予備校がおすすめ
・英語の4技能をじっくり身につけたいなら→英語特化塾がおすすめ

英語塾の選び方② グループ指導か、個別指導か?

次に指導スタイルについても見てみましょう。予備校や塾には、大きく「グループ(集団)指導」のスタイルと「個別指導」のスタイルがあります。


グループ指導は周りの仲間と切磋琢磨できる、という点がメリットです。

同じ目標を持つ仲間の存在は、長丁場の受験勉強を乗り切る原動力になってくれます。また常に周りと自分を比較し、集団の中の自分の位置を意識しやすいので、もっと頑張らないと!とモチベーションを上げやすいのもグループ指導の方でしょう。


一方、個別指導は周りの目を気にすることなく、自分のペースで学習できます。これは英語学習に向いているポイントです。

英語力を伸ばすには、対話や音読が有効なのは良く知られていることですね。しかしグループ指導では自分の発音が気になって授業に集中できない、という心配はありませんか? その点、個別指導なら音声を活用しながら、存分に英語を伸ばしていけるのです。


● 選び方のポイント ●
・ 周りからの刺激があった方が意欲的になれるなら→グループ指導
・ 対話や音読など、音声学習を重視したいなら→個別指導

英語塾の選び方③ 日本人講師か、ネイティブ講師か?

日本の大学入試を受けるのだから日本人講師が良いのか、それとも英語を習うならネイティブ講師の方が良いのか、というのも迷うポイントですね。


日本人講師は「意思疎通が容易」という点がメリットです。

ただでさえ複雑な文法や読解問題の解説は、英語で聞いても理解しにくいかもしれません。また授業日程の変更希望などの事務的なやり取りも日本語でできるため、コミュニケーションにおいてストレスを感じることは少ないでしょう。


ネイティブ講師は、何と言っても「ネイティブであること」がメリットです。

正しい英語の発音や自然なスピードに触れることができるので、リスニング力やスピーキング力の向上が期待できます。またネイティブならではの語彙や英語圏についての知識も得ることができるため、問題集だけでは知りえない幅広い英語力が身につけたい高校生におすすめです。


● 選び方のポイント ●
・ 講師とのコミュニケーションをストレスなく進めたいなら→日本人講師
・ リスニング力を伸ばしたい、英語の文化的背景も理解したいなら→ネイティブ講師

 

英語塾の選び方④  対面指導か、オンライン指導か?

最後は受講の方法についてです。オンライン指導という形態もすっかり一般的になってきましたが、対面とどちらが良いのか迷う高校生も増えていると聞きます。


対面指導のメリットは、直接会うことで勉強のスイッチが入れやすいという点にあります。

特に塾の校舎に出向いて授業を受ける場合は、環境が変わることでモチベーションが上がるという話も聞きますね。表情や仕草など、ちょっとした点から自分の状態を講師に把握してもらいやすいのも対面指導に軍配が上がります。


オンライン指導のメリットは、場所や時間の制約が少ないという点です。

オンライン指導は移動時間を節約できるため、限られた時間を受験勉強により多く割くことができます。また受講する場所を問わない点も見逃せません。地方で首都圏の講師の授業を受けることもできますし、外出自粛になった場合でも自宅で学習を続けることができます。万一に備え、対面指導とオンライン指導を選べるようになっている塾を選ぶのも方法です。


● 選び方ポイント ●
・ 環境が変わった方が勉強に集中しやすいなら→対面指導
・ 時間を有効に使いたい、どんな状況でも安心して勉強を続けたいなら→オンライン指導

 

まとめ

大学受験英語塾の選び方をまとめてきました。

英語の成績を伸ばす際に一番大切になるのは、「英語と本気で向き合うぞ!」という覚悟です。覚えることがとても多い英語は、はっきり言って労力のかかる科目です。しかも、英語なしで受験を乗り切ることは不可能という重要科目でもあります。

どんなに良い塾でも、どんなに良い先生でも、勉強するあなたのやる気がなければ成績を伸ばすことはできません。

どうか、まず「英語を本気で勉強する」覚悟を決めてください。その上でこの記事を参考に英語塾を見つければ、半年後、あなたの英語は見違えるほど伸びているはずです。

応援していますよ。