【受験】偏差値とは?GMARCHの難易度も一挙紹介

white_solo _fukidashi.png

「おれ、偏差値100!」 

って言っていた同級生がいたな

heat_solo_fukidashi.png

そんなことありえないわ……

white_solo _fukidashi.png

え? そうなの? ほわい?

みなさんは偏差値とは何か、知っていますか?
模擬試験を受けて、「偏差値50だった」「私は60あったよ!!」という会話を耳にします。
しかし、「偏差値って何?」と聞くと、答えられる高校生は非常に少ないです。
同様に、「GMARCHに行けたらいいなあ。」という話は聞くものの、どれがどのレベルなのかをわかっている高校生もあまり多くはない印象です。

まず偏差値とは、【平均を50として自分がどれだけ離れているか】表すものです。そんな偏差値を使って、首都圏での難関&人気校である、【GMARCH】についてお話していきたいと思います。ぜひ最後まで読んでみてください!!

それでは、いってみましょう!!
 

偏差値とは

テストを交えながらもう少しわかりやすく説明しましょう。偏差値とは、テストを受けたグループ(集団)の中で、自分がどの位置にいるかを表したものです。例えば、英語と数学どちらも70点取れたとしても、試験の難易度によって平均点は違いますので、どちらが良い戦績なのかの判断が付きません。

そこで偏差値の出番です。偏差値は平均点を50として変換し、その基準から自分がどれぐらい高かった(低かった)かを表すので、あなた自身の実力を相対的に判断することができるのです。

上の例で少し考えてみましょう。英語を70点取ったというところですね。英語の試験の平均点が70点であれば偏差値は50になり、平均点が70点を超えていれば偏差値は50以下に、70点未満なら偏差値は50以上になります。

偏差値の見方とその割合

以下の表は、偏差値と順位の関係を表したものです。偏差値70であれば上位2.28%に位置していて、受験者が1,000人であれば順位は22位ぐらい。偏差値40であれば上位84.13%(下位15.87%)に位置していて、順位は841位ぐらいというようになります。
偏差値の良いところは、順位や点数に関わらず、グループの中で自分自身の成績がどの位置にあるかを知ることができるという点です。

image3.png

標準偏差とは?

【標準偏差】とは、データのばらつきの大きさを表す指標です。偏差値とは、平均が50点・標準偏差が10点になるように調整したもので、得点が平均値の近くに集中していれば標準偏差は小さくなり、逆に平均から広がっていれば標準偏差は大きくなります。

image4.png

英語、数学ともに70点を取ったDさんですが、英語の方が数学に比べて平均点に人が集まっている(標準偏差が小さい)のがわかりますか?この英語の形が【正規分布】と呼ばれるもので、偏差値の信ぴょう性も数学よりも英語の方があるというわけです。

以上で偏差値の説明は終わりです。偏差値に関して何となくイメージできましたか?大学等の難易度も偏差値で表されることが多いので、偏差値とは何かをきちんと説明できるようにしておきましょう。

では、ここまでで説明した偏差値を使って、GMARCHの難易度を確認していきたいと思います。

GMARCHとは?

GMARCHとは、関東にある難関6大学を一括りにした呼び方です。
G:学習院大学    URL:https://www.univ.gakushuin.ac.jp/
M:明治大学    URL:https://www.meiji.ac.jp/
A:青山学院大学    URL:https://www.aoyama.ac.jp/
R:立教大学        URL:https://www.rikkyo.ac.jp/
C:中央大学        URL:https://www.chuo-u.ac.jp/
H:法政大学        URL:https://www.hosei.ac.jp/
の6つの大学を表す略語で、それぞれの大学のアルファベットの頭文字を取って、そう呼ばれています。元々は、MARCH5校だったのですが、ここ最近で学習院大学が追加されてGMARCHと呼ばれるようになりました。首都圏では早慶上理(早稲田・慶應・上智・東京理科)に次ぐ難関大学群ですね。
どの大学も非常に人気があり、2020年度の志願者ランキングでは学習院大学を除くMARCHは全て20位以内に入っています。つまり、全国から志願者を集められるような人気校なんですね!!

どんな大学なのか

GMARCHとはどのようなものかを、それぞれの大学の特徴を説明していきます!!
河合塾の偏差値も併記しておきますので、参考にしてください。

学習院大学

特徴:少人数で質の高い教育を受けられる!!元々は皇族も通っていた由緒ある大学!!
かつて、GMARCHはMARCHと呼ばれていました。そのMARCHに食い込んできた大学が学習院大学です。学習院大学のウリは、何といっても学習環境です。少人数での指導に加えて優秀な教授陣が、大学のレベルを引き上げています。MARCHと比べて規模が大きくないため、人が多いのは苦手…という人にはぴったりの大学です。

image2.png

明治大学

特徴:GMARCHの中でも最も高い人気を誇る、GMARCHで一番のマンモス大学!!
GMARCHの中でもトップの人気を誇るのが明治大学です。志願者ランキングでも常にトップクラスに名を連ねています。毎年どの学部も倍率が高いのですが、ここ数年では情報コミュニケーション学部や政治経済学部あたりの人気が高いです。
早稲田大学や慶應義塾大学の併願校になることも多いですね。

image8.png

青山学院大学

特徴:女子に大人気!!外国語系にも力を入れているオシャレな大学!!
表参道にキャンパスを構える青山学院大学は、外国語系の学部が昔から非常に人気です。最近では駅伝のイメージが強い大学ですが、もちろん学習に関してもしっかりと力を入れています。文学部は同大学の看板学部なので、GMARCHの中でも一際高い偏差値を誇っています。ちなみに、駅伝で有名な原晋監督は【地球社会共生学部】の教授でもあります。

image5.png

立教大学

特徴:国際色が豊かな【蔦大学】!!コミュニケーション系学部が看板学部です!!
立教大学池袋キャンパスのモリス館は蔦(ツタ)で覆われているので、通称【蔦大学】と呼ばれています。異文化コミュニケーション学部と経営学部が看板学部で、早慶上智に匹敵するほどの人気と実力を兼ね備えています。

image6.png

中央大学

特徴:法学部と言えば中央大!!司法試験合格者を多数輩出しています。
中央大学法学部と言えば、歴史と伝統のある学部で、同大学の看板学部です。現在、偏差値的には他大学と変わらないレベルになってしまいましたが、2023年度には多摩キャンパス移設が予定されていることから、人気が再び戻ることが予想されています。

image1.png

法政大学

特徴:GMARCHの中でもトップの学部数!!超高層キャンパスを持つマンモス大学!!
市ヶ谷に地上27階建てのビルを持つ法政大学。スポーツのイメージも強い同大学ですが、GMARCHでは一番の学部数を誇ります。明治大学に次ぐマンモス大学でもあり、倍率や人気も非常に高いです。偏差値60を切る学部が複数ありますので、GMARCHの中ではチャレンジしやすい大学と言えるでしょう。

image7.png

まとめ

偏差値とは何かを学んでから、人気校GMARCHを見てみると、人気と比例して偏差値が高いのが分かると思います。
GMARCHがどれぐらいのレベルかわからずに、
「とりあえずGMARCHぐらいに行きたい」
というのは、値段もわからない寿司屋に入っていくのと同じです(笑)

GMARCHに合格したいのであれば、偏差値60以上を目指して頑張りましょう。